茶の湯とやきもの

茶の湯とやきもの
茶の湯とやきもの
茶の湯とやきもの
茶の湯とやきもの
茶の湯とやきもの
茶の湯とやきもの

桃山茶陶の「美」はいかにして開花したか?

茶の湯を支えた超俗の美学と、それを映す「精神の工芸」としてのやきもの。時代を追って推移するそれぞれの美の根源と展開を「物」に即して描き出す!

【本書の内容】
1. 中国の喫茶と茶陶
2. 室町時代発祥の「茶の湯」と唐物中心の茶陶
3. 茶の湯のヌーベル・バーグ − 桃山茶陶の創造
4. 江戸時代の茶の湯を支えた美意識と茶陶
5. 近代から現代へ

  • ※こちらの商品はレターパックライトでの配送になります。
著者
矢部良明
(元薩摩伝承館館長)
出版社
角川選書
発行
1997年10月
サイズ
A5変形判 
項数
416ページ

茶の湯とやきもの

価格 4,620 円(税込)

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません。